まずは聴くこと

ノートPC

英会話を上達させるためには、いかに数多く話し、数多く聴くかにかかります。 聴くことに関しては、テレビやラジオ、インターネットのニュースや番組でも、身近に聴く機会はあります。いきなり英語のニュースを聞くのが難しいなら、海外の子供向けの番組などもあるので、まずは番組探しから始めるのがいいです。 一方、話すことに関しては、1人の部屋で話す練習を繰り返すことも、話し慣れるという点で有効な手段です。しかし、これだけでは、自身の話す英語が相手に正しく伝わっているかを確認する手段がありません。 やはり、英会話教室などに通い、ネイティブスピーカーと直接の対話をして、自身の英会話力を確認することが必要になります。英会話教室の形態も通学だけでなく、インターネット経由で教師と直接会話ができるコースもあり、選択肢の幅が広くなっています。

通学型の英会話レッスンには、教師と生徒が1対1のマンツーマン・コース、教師1人に生徒が2、3人のグループ・コース、あるいは教師1人に5、6人のグループ・コースに分かれます。 いずれも週に2、3回で3ヶ月あるいは6ヶ月、1回の授業が60分程度というのが一般的です 料金は、当然のことながらマンツーマンの方が2倍も3倍も高額になります。 自身の予算に応じてコースを選択すればいいのですが、英会話の上達のポイントの1つは、いかに多く話す機会を得るかです。つまり、料金は少々高めでも、マンツーマンのコースに身を置いて、自身の逃げ道をなくすことが上達の近道です。言い換えれば、教師を1人占めできるので、会話数を増やすことで自身の恥をさらし、弱点を見つけることが上達への最短コースと言えます。